西日本コンピュータ技術者協同組合労災支援センター

労災についてのご案内

労災支援センター
労災支援センター

「厚生労働省承認 特別加入団体」


地域密着!


広島・福岡・岡山に事務所があります!
(中国・九州・関東地方在住の方が
ご加入いただけます。)


親切・丁寧・安心!


ITフリーランスのための協同組合が親団体!

家計に優しい月会費!


保険料以外に必要な費用は月500円の会費と
入会金2,000円のみ!
その他手続きに必要な手数料は
一切かかりません。

※同時に組合に加入いただいた方は入会金はかかりません。






NEWS



 2022.6.2   マスコミ掲載ページを更新しました。
 2022.6.1   よくある質問を更新しました。
 2022.5.9   労災案内ページを作成しました。
 2022.5.9   プレスリリースしました。





労災保険特別加入とは
労災保険特別加入とは

労災保険は、本来、労働者の業務または
通勤による災害に対して
保険給付を行う国の制度です。
労働者以外でも、その業務の実情、災害の
発生状況などからみて、特に
労働者に準じて保護することが適当である
と認められる一定の方には
特別に任意加入を認めています。
これが、特別加入制度です。

2021年9月からITフリーランスの皆さまも
労災保険に特別加入することが
可能となりました!


労災保険に特別加入すると、
仕事中や通勤中のケガ、病気、障害または
死亡等をした場合、補償を受けられます。





     

労災保険加入費用について

労災保険料は給付基礎日額に応じて決まります。

国に納める労災保険料は国が定める料金ですので、
どの団体からご加入いただいても労災保険料は変わりません。
1年間(4月から翌年3月まで)の労災保険料+会費となります。

当センターでの保険料は、入会金+労災保険料+月500円の会費のみ!


入会金    2,000円
(組合に同時加入いただいた方はかかりません。)
会 費     月500円
(加入時に年度ごとの一括徴収になります。)
労災保険料  3,831~27,375円
(給付基礎日額により異なります。)

労災保険料は、国民健康保険等と同じく社会保険料控除

入会金・会費は経費算入できます!

     
労災費用早見表
労災費用早見表



申し込み流れ
申し込み流れ


\随時加入可能です/


問合せフォームに進みます。
お気軽にお問い合わせください。



西日本コンピュータ技術者協同組合
労災支援センターについて

母体である西日本コンピュータ技術者協同組合は、
広島を中心としたITフリーエンジニアの集まり協同組合で
IT技術者の営業支援・経営支援を行っておりましたが、
この度ITフリーランスの福利厚生制度の強化の為に、
本制度改正を支援する事となりました。
特別加入の手続きは都道府県労働局長の承認を
受けた《特別加入団体》が行う事になっており、
ITフリーランスの申請希望者に対して
当センターがご対応致します。
さらに昨今特に過度なストレス等による相談も
増えてきており、国・民間の関係機関の情報収集および、
その情報の発信(安全衛生・災害防止等)による
予防措置を図るべく進めて参ります。


母体団体
母体団体




-よくあるご質問-


Q 労災保険の特別加入とは?


労災保険は「労働者災害補償保険」という名称の通り、本来、労働者の業務または 通勤による災害に対して保険給付を行う制度です。
しかし、労働者以外でも、その業務の実情、災害の発生状況などからみて、特に労働者に準じて 保護することが適当であると認められる一定の人には特別に任意加入を認めています。
これが、労災保険の特別加入制度です。
この度の法改正によりITフリーランスの方々も 労災に加入することが出来るようになりました。


Q ITフリーランスの対象範囲を教えてください。


原則として以下の業務・作業をされる方が対象です。
・情報処理システム※1の設計、開発※2、管理、監査、セキュリティ管理
・情報処理システム※1に関する業務の一体的な企画
・ソフトウェアやウェブページの設計、開発、管理、監査、セキュリティ管理、デザイン
・ソフトウェアやウェブページに関する業務の一体的な企画その他の情報処理
詳しくはこちらをご確認ください。


Q 特別加入するにはどうすれば良いですか?


フリーランスとして労災保険に特別加入するには、都道府県労働局長の承認を受けた特別加入団体の 会員になることが必要になります。
お申込みフォームからご登録ください。

保険料をご案内いたしますので、ご入金後特別加入の手続きをいたします。

当センターの会費は月額500円と業界最安値となっております。


Q 加入に必要な書類はありますか?


加入申込書と本人確認書類(顔写真付き1点(顔写真のないものは2点)のご提出をお願いいたします。


Q 組合に加入とは?


親団体「西日本コンピュータ技術者協同組合」への加入となります。

同時加入いただきますと、労災支援センターの入会金はかかりません。(組合の入会金もございません。)
詳細はホームページ、またはお問い合わせください。


Q 給付基礎日額とはどのようなものですか?


保険料や、休業(補償)給付などの給付額を算定する基礎となります。

任意で決めることができますが、給付基礎日額が低い場合は、休業(補償)給付などの給付額も少なくなりますので、十分ご留意の上、適正な額を申請してください。


Q 年度の途中で加入、または脱退ができますか?


年度の途中でも加入、脱退することが可能です。加入・脱退希望月の20日までに申し込みをお願いいたします。

年度途中での加入は、年度末(3月)までの月割計算の保険料となります。

脱退を希望される場合は、脱退申込書に必要事項をご記入の上ご返送下さい。

お預かりした未経過分の保険料は月割り計算をしてご返金いたします。(振込手数料は脱退者のご負担となります。)


Q 給付基礎日額を変更したいです。


原則として一度、決めた給付基礎日額は年度内に変更することができません。

但し、更新時(年度末3月)に変更手続きを行いますと、給付日額の変更が可能となります。


Q 労災事故が起きたらどのようにしたらよいですか?


労災事故であることを申し出て、医療機関を受診してください。(※労災事故の場合健康保険が使えませんのでご注意ください。)

労災指定病院は無料で受診することができます。労災指定でない病院を受診された場合は、一旦治療費をお支払いただき、後日支給されます。

申請時に必要となりますので、領収書・診察報酬明細書を必ず保管しておいてください。

申請書類の作成は無料で支援いたしますので、当センターへご報告(082-504-8569)をお願いいたします。


その他給付に関しては「労災保険給付の概要」をご覧ください。




案内
案内
このページのトップへ移動